Skip to content

ペットショップで働いてる人の気持ちとは?

ペットショップで働いてる人の気持ちとは? へのコメントはまだありません

どんな人でもすこし落ち着く、和む、ストレス解消する。という場所と言ったら僕はペットショップだと思います。ペットショップは、犬や猫や鳥などのいろいろな生き物がいるので、生き物好きの人は長い時間いてもあまり飽きないと思います。しかし、人にはいろいろな性格の人がおります。中には「なんだあれ?可哀想すぎる」や「あんなの見て楽しいのか?ただの生き物じゃないか」など、ペットショップを嫌う人もすくなくはないと思います。特に多いと思われるタイプは「可哀想」や「犬や猫を持て余すな」などの可哀想を理由に嫌っている人です。

確かにあんなガラスや鉄のアミみたいなのでできた小さい箱に入れられた生き物たちはどう思っているのかわかりません。もしかしたら人間を恨んでいるのかもしれません。だが、ペットショップにいる生き物は管理がよくてとても快適そうに思います。ペットショップで働いている人たちはみんな生き物に優しくせっしているので、人間の感情もちゃんと生き物にも伝わっていると思います。なので、実はペットショップは生き物にとっては楽園なのではないかなと思いますぅ。逆に、そのペットを買って自分で飼う人は自分のペットに何をするのか、何を食べさせるのか、は全くわからないのです。

そうするとどうでしょう?そうペットを買い取る人は嬉しくても買い取られる側の定員さんの気持ちはそれぞれだと思います。「ヤッター買い取ってくれた」と思う人や「もうこの子ともお別れなのか」という2つのタイプの人に分かれるのではないでしょうか?1番目の「ヤッター」と、とても喜ぶタイプの人はもしかしたら店の生き物にあまり感情を抱いてないのではないかと考えられます。そうゆう人は僕はあまり好きではありませんね。やっぱりペットショップで働くひとは店の生き物たちに感情を抱くような生き物好きの人がいいと思われますね。そして2番目のタイプ「悲しむ」人は本当に自分の店の生き物に感情を抱いているとても素晴らしい人だと思います。やっぱりどこのペットショップも店長はこのもちろん2番目のタイプじゃないと店長失格だと僕は思います。さてこの文章ももうすぐ終わりに近づいてきました。最後に、ペットショップで働くには生き物の気持ちをよくわかる優しい人じゃないと向いてないなと思います。それはどこのペットショップも同じです。そしてお客様がペットを買い取るとき、笑顔の奥にすこし悲しい気持ちがないとダメだなと僕は思います。

営業時間は9時~18時、日曜日は定休です。トリミングサロンなどのプロに向けた商品、業務用機器もお任せください。業務用機器にはアフターサービスも付いてきます。ペット用品のことなら、ペットフードからプロの使用する道具類まで取り扱う当社にお任せ!サイトからの通販でのお買い物は年中無休。24時間体制で受け付け!通信販売ならではの大特価商品も多数ご用意。ペット用品買うならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*