Skip to content

犬のような大きいペット育て方は飼い主に問題があります

犬のような大きいペット育て方は飼い主に問題があります へのコメントはまだありません

大きいペット育て方で問題になるペットは大型犬ですが子犬の段階で躾がないと様々な出来事に出合う事になり大型犬を飼う事が難しくなります。犬好きの人は子犬を知人から貰う、あるいは購入することで手に入りますが人間の子供のように生育する必要があります。3度の食事を与えるだけでなく、考える機会を持たせることです。それには躾という事になりますが人間でも同じように何も考える機会を造らないと主の言う事を聞かなくなるのは犬でも同じです。動物は命令する事で人間に従うという本能があります。猛獣のライオンでも小さい頃から育て躾けることで人間の言葉を聞き分けますが成長しますと人間より大きくなりますので愛玩動物として育てている人はありません。

犬は人間に最も懐きやすい愛玩動物ですので飼われている数は世界中で一番多い動物ですが問題の多いのも、この動物です。犬は一戸建てのシンボルのように飼われている動物です。主の言う事は、ある程度聞き分けていますが住宅の敷地内だけの話で、散歩に連れて行きますと犬により大型犬になりますと他人に危害を与えることが多いです。犬は懐くと攻撃が明白に解る動物です。飼い主は大型犬を連れて散歩するのは良いですが他人は脅威を抱いている事を頭に入れて置くべきです。他人に危害を与えない方法として口輪を填める事で他人は脅威を感じませんので散歩させることができます。また散歩は犬の運動の1つですが排便もあります。

近所が住宅街ですと犬を飼っていない人が排便の処理をしなければならない事が問題になっています。夏になりますと排便の匂いとハエが多く発生し不衛生になります。そのような事で過去から問題になっている犬の排便処理を怠る人が多い事です。大型犬になりますと排便は人間の物と変わりありませんので悪臭を伴います。特に住宅街ですと美観を損ないますので社会問題になるのは当然と思います。また散歩中に人に吠える大型犬がいますが躾が悪い事から不愉快を理解していない買主がいることです。散歩中に排便の用を済ませ、人に吼えるという状態を異様と捉えない飼い主がいます。また、その他の犬の行為で危害や被害を被っている人が多いですので飼い主は無神経では散歩に連れて行くことが出来ない時代になっています。やはり買主はマナーを守らないと愛玩動物も疎外されてしまいます。大型犬を散歩させてはいけないという法律が出来る前に心しなければならない飼い主です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*